雑食系趣味

アイドルに関してはバイセクシャル

夢で終わらんよっ!-でんぱ組.incの武道館-


行ってきました!

でんぱ組.inc武道館公演!!

いやーほんとにね、よかったですよ!
セトリから演出から全てにおいて。

みりんちゃんが恵比寿リキッドルームで武道館に立ちたい!と宣言したのが約2年前。そこから猛烈なスピードで進んできた彼女たちは壁にぶち当たり、時に涙し、そんな中必死にもがきながら辿り着いた夢の舞台、日本武道館。そこを彼女たちの本拠地、Dear☆Stage武道館店とし、全力で歌って踊る姿は本当に感慨深かったです。
最初の映像は、人生に疲れたサラリーマンが偶然Dear☆Stageを見つけ、そこでディアガールズに元気をもらう、という内容でした。武道館という夢の舞台を、Dear☆Stageという「でんぱ組のはじまり」に見たてる。自分たちをここまで大きくしてくれたのは、やはりDear☆Stageという存在があったから。そんなメンバーの感謝ともうひとつ、私は「ここで終わらない」というメンバーからのメッセージにも思えました。武道館という長年の夢の場所に辿り着いたからこそ、最初を思い出してさらに前に進む糧にする。そんな決意のようにも感じました。

肝心の内容ですが!さすがDear☆Stage武道館店ということで、武道館全部がでんぱ色に染められてました。最初の怒涛の過去曲のラッシュはかなり胸熱でした!Dear☆Stageの小さなステージで歌っていた曲たちを、今は武道館のステージで歌っている。感動的すぎる…まさか聞けるとは思っていなかった曲たちが出てくる出てくる。ファンのボルテージも半端なく上がってました!これがでんぱ組の軌跡だ!と言わんばかりのメドレーが終わったあとの「W.W.D.」。
でんぱ組の分岐点といっても過言ではないこの曲。恐怖と戦いながらも、自分たちの過去を全部さらけだした曲。そんな曲を武道館で歌っているメンバーを見ていたら、自然と涙が溢れました。「生きる場所なんて、どこにもなかったんだ」
そんな風に人生に絶望していた彼女たちが見つけたでんぱ組.incという「生きる場所」。その生きる場所で夢見てきた武道館というステージで、生きる場所を見出せなかった過去の自分へ「あの日泣いてた自分自身へ感謝」というメッセージ。号泣ですよほんとに。最高すぎるだろこのやろうっつって。

そのあとももう神曲しかないのですよ!武道館全体が一体となって、全力でバカ騒ぎしてる雰囲気がたまらなく楽しかったです!
そしてまさかとは思っていたんですがありましたね!ソロ曲!!えいちゃんのすちゃらかテキサスから始まり、夢眠ねむなんだ…♡でねむきゅんきゅんが可愛さを振りまき、りさちゃんはPromise of the worldで迫力ある歌声を武道館中に響き渡らせて、もがちゃんは触れたら壊れてしまいそうな透き通る歌声で「あいしてる」と歌い上げ、ピンキーさんは元気いっぱいパンダさんと踊り、みりんちゃんはロックな曲をみりんちゃんらしく歌い、もうなんて豪華なんだ…って感じでした。メンバーの色に染まるサイリウムもほんと綺麗でした!


ここからラストスパート、そしてアンコール、ダブルアンコールと続くのですが、もうなんか泣かせる演出ばっかで化粧全部落としながら妖怪みたいな見た目でサイリウム振って叫んでほんと周りの方見ないでって切実に思ってたのですが、それくらいよかった。(ざっくり)
個人的にキラチュンとORANGE RIUMの口上をモニターに出してくれたので、あの素敵な口上をあの場にいたみんなで言えたのはすごく嬉しかったですね。
あとはORANGE RIUMのオレンジサイの一斉点灯はほんとに綺麗だった!!!絶景でしたね、すごかったほんとに。

本編最後の曲だった「Future Diver」!
「夢で終わらんよっ!」という武道館公演のタイトルにもなった歌詞が入っている一曲なのですが、ほんとに夢で終わらせなかったでんぱ組すごい!そしてこの曲は何より楽しい!!全力でコールしてやりましたよ。

ダブルアンコール前に起きた「みりん、りさ、ねむ、えい、もが、ピンキー、アンコール!」という声も胸に染みたー。うん、それだけ。笑

そして最後にあったみんなの挨拶。
りさちゃんは自分のことを「頼りないリーダー」と表現してたけど、いつもみんなの先陣を切ってくれるりさちゃんは全然頼りなくなんかないよ!って心の中で叫んでました。リーダーという立場で今までやってきてやっぱり大変なこともいっぱいあったと思うし、嫌だなって思うこともあったと思うんですけど、りさちゃんがリーダーだからこそ、ここまで走ってこれたんだと思います。りさちゃんは最高のリーダーです!!
えいちゃんは「でんぱ組の中では元気なキャラでやってるんですけど、武道館に向けてのレッスンで、できないことが多すぎて何度も悔しい思いをしました。」という言葉が胸に残ってます。元気いっぱいでいつもみんなを笑顔にしてくれるえいちゃんだって辛い時はある。でもえいちゃんは、いつも笑顔で私たちにそんなとこは見せないで一生懸命頑張ってる。えいちゃんが武道館で笑顔で歌えて本当によかったよ!えいそー!!!
もがちゃんは「武道館をやったら、次のステップに進んでしまう気がする。次のステップに進んだらみんながいなくなっちゃうんじゃないかなと思って…」と涙ながらに語ってくれました。武道館が決まった時、不安をブログに書いていたけど、もがちゃんの魅力はやっぱりそういうとこにあると私は思っていて、アイドルだって普通の人間なんだから、不安とかもいっぱいあると思うんですね。それをファンの人に打ち明けるっていうのは結構勇気がいることだと思うんですけど、もがちゃんは他のアイドルに比べて不安とかを素直に話してくれるから、「力になってあげたい!」と思う。次のステップに進んだらみんながいなくなるなんてこと、絶対ないから、もがちゃんには前を向いてこれからも歩いていってほしいなあと思います。
そして私の推しピンキーさんです!「学校との両立が厳しくて、何度も諦めそうになったんですけど、みなさんがいてくれたので前を向けました。」というピンキーの言葉。学業と芸能活動を両立するのはきっと私たちが思っている何倍も大変だったと思うけど、ここまで頑張ってくれてほんとに嬉しいです。これからもピンキーについていきますよ!
ねむきゅんは「みなさん1人ひとりが私たちをここに連れてきたっていう自覚はありますかーーーっ!!!」って言ってくれました。しばらく声が出せなかったねむきゅんの叫びはめっちゃ心に響いたし、何より何この素敵な言葉!!「そもそも自分を好きにさせてくれたのがでんぱ組だった」というねむきゅんの言葉は、でんぱを応援してきてよかったなーという気持ちにさせてくれたし、ねむきゅんがこういう風に思うようになれてほんとによかったなーと思いました。ねむきゅんきゅん最高っす!!
トリを飾ったみりんちゃんの「私たちがやってきたことは間違っていなかったと胸を張って言えます!」という言葉には、武道館中が湧きました。みりんちゃんが夢見た武道館というステージで、みりんちゃんがこういう風に言うことができて、ほんとに嬉しいです。でもみりんちゃんは「まだまだ上にいきます!」と宣言してくれたので、これからもでんぱに期待したいと思います!!

最後の曲は「サクラあっぱれーしょん」でした。「君の未来を明るく照らすなんてお茶の子さいさいさーい!」と歌うでんぱ組.incの未来はきっと私たちの未来も、そして自分たちの未来も明るく照らしてくれることでしょう!ありがとう!


そんな感じでただ自分の感情をぶつけただけのブログになってしまい申し訳ないです。読みづらいったらありゃしないですよねほんとに。まあこれを書いてるのは武道館から2日経った日なんですが、それでもこの熱量が出てくるっていうことからどれだけ最高だったか想像して頂きたい!笑 

でんぱ組.incは一つ大きな夢を叶えましたが、「夢で終わらんよっ!」なのがでんぱ組です。次の夢に向かってまた、進んでいってほしいなあと思います。