雑食系趣味

アイドルに関してはバイセクシャル

NEWS「White」の感想をNEWS担ながら今更喋る-ソロ・ショートフィルム編-


いやーよかった。書く気が起きて。ぶっちゃけ書かないと思ってたんだけどね!というわけでやっちゃいます、NEWSのアルバム「White」私的感想ソロ曲、ショートフィルム編!まあいろいろと思うところはありまして、アルバム相変わらず売れてないしクラッチバックビニールくさいしそんなこと言い出したらキリがないんですけど、とりあえず前回は本編の方にやんややんや言ったので、今回は通常盤に収録されてる各メンバーのソロ曲、初回盤についてきたDVDの中のショートフィルムについてやんややんや言いたいと思います。

1.「ロメオ 2015」小山慶一郎
これは過去錦戸さんとのユニット曲だったものをアレンジしたものらしいのですが、なにせ過去の曲私知らなかったので、NEWS担としての知識の漏れを新たに自覚しました。やっぱ8年なんかじゃだめなんだね!ごめんなさい!曲自体はふごく好きなので、過去の曲に触れてこなかったことがすごく悔しいです。ここにまた感情が乗ってたら絶対もっとこの曲楽しめてる…!って思います。私が知ってる中でNEWSのユニットとかをまた違う形で歌うことってあんまりないと思うので、すごい新鮮でもありました。こういうのもっと増やしていってもいいと思います。前回も結構何回も言ってたんですが「曲に感情をのせる」ことってすごい重要だと思うんですよ。思い出とかをのせたりすると絶対その曲の付加価値がつくから印象に残るし、これからも歌い継がれていくから。感情ののせ方にもいろいろあると思うんですが、その一つの方法が今回のようなリメイクだと思います。そういう点で言うと私が最近追い始めた関ジャニ∞って感情がのってる曲が多くて。今回のロメオのようなリメイクで言うと、「kicyu」や「torn」とかがその例として挙げられるのではないかなあと思います。あと「Dye D?」とかもアコースティックで披露したりもしてますし!他にもライブの演出とかみても、関ジャニ∞は「曲に感情をのせる」というのがすごくうまいと思います。だからこそ思い出の曲っていうのがたくさんあるんじゃないかなー!ロメオから話は逸れてしまいましたが、曲はとにかくかっこいいです。小山さんがどんな風にライブで演出するのかも気になるところです。

2.「Skye Beautiful」増田貴久
我が担当増田さん。毎回毎回ゴリゴリに踊る曲をソロ曲にしてきた彼なんですが、増田担として今回のソロ曲を聞いた率直な反応が「あれ…?もしや今回踊らない…のか?まさかの?ほんとに?そんな増田さんも見たかったから嬉しい……ん?あれあれ、この流れはもしや…あれ…待てよ…いや踊るんかーーーーい!!!」です。笑 最初の入りで踊らないかと見せかけての突然のダンスナンバー感!でも最初の雰囲気だけでもすごく新鮮でした。今回のアルバムの雰囲気にすごくあった曲だなーと。ところで「Skye」ってなんだ?と思って調べてみると、ゲール語で「翼」という意味らしいです。空じゃないんだね!

3.「あなた」手越祐也
初の女性目線失恋ソング、らしいですね。前回のLovin'Uはまあ失恋ではない…のかな?前回はかなりロック調でギタージャーーーン!とかやってたので今回はほんと正反対なくらいどストレートなバラードできたなと!だからこそものすごく手越さんの歌唱力が光るし、これを歌える人はかなり限られてくるでしょうね。手越さんだから歌える曲だと思います。歌詞もまあ切なくて…最後の「いまはただひとり 幸せ願うだけ」というのが切なさMAXですね。これもう感情ボロボロの時に聞いたら絶対やばいな。恋愛で感情ボロボロにしたことまだ無いけど。

4.「ESCORT」加藤シゲアキ
きたー!!加藤さんのソロ曲私大好きなんですよね。1番好きかもしれない。今回もまあかっこいい。シゲアキさん自身自分で「客観的に見た加藤シゲアキ像はこんな感じなんだろうなあ」と言ってましたが、まさにその通り。さすがよくわかってらっしゃる。燕尾服をきっちり着て私の手を取って案内してくれる加藤さんが目に浮かぶ。そしてその浮かんだ加藤さんがかっこよすぎて死ねる。「どこか遠くに行きたいから準備して!」っていう私のわがままに付き合ってくれる加藤さん最高かよ!!!!っていう妄想してます。加藤さんのソロ曲って毎回毎回世界観がしっかりしてて、ストーリー性があるし、その世界観にこっちも入り込みやすいので決してこっちが受け身だけではないというか、ちょっと変態ちっくなことを言うとその相手として据えられてる女性に自分のことを置き換えて加藤さんはあああああん!!!ってなりやすいと思います。そこが他のメンバーのソロ曲との違いかなあと。前回は「おやすみ(ウインク)」で会場中の心を奪ってった彼ですが今回はどんな必殺奥義を繰り出すのか見物です。




「MR.WHITE」SHORT FILM
初回盤のみに収録のこのショートフィルムですが、私的にこういう形で「俺が書いた台本をメンバーに演じて欲しい」という加藤さんの夢が叶ったというのがすごく嬉しかったです。原案という形で参加してましたが、どういう形であれ加藤さんが望んでいたことが実現してよかったなあと思いました。内容もNEWSがかっこよかったのでもう言うことはないです。でもさ、最後ラスボスとの戦いがまさかのアニメーション!!!!そこなんで!!!1番の見せ場!!!!!そこだけまじで納得いかなかったですね。笑 もうそこはだめだろと。そここそかっこいいアクションを繰り出すメンバーを見せろよと。手越さんがまたやりたいと言ってたのでぜひまたこの企画やってほしいなあと思うのですが、その時はぜひぜひ全部実写でお願いします。


さてこんな感じで前回と今回全部合わせて「White」の感想全部終わりました!!よかった!書けた!来週からはいよいよツアーも始まるので、どんなツアーになるか楽しみにして臨みたいなあと思います。