雑食系趣味

アイドルに関してはバイセクシャル

NEWS MAKES YOU HAPPY!!


ついに発売されました!!!

「NEWS 10th Anniversary in Tokyo Dome」


待ちに待ってましたよーほんとに!!
どれだけ恋焦がれていたことか。
この公演には受験生ながらに参戦して、「これが終わったら本気で受験に臨まなきゃいけなくなる!!!」っていう恐怖心から大発狂して、メンバーの挨拶に大号泣して「あたし明日から真剣に頑張るよ!!」ってつけま半分取れかかりながら夜空に誓うみたいなかなり情緒不安定な状態だったのを覚えています。
でも席が、3階席の後ろから10列目とかで、マサイ族並の視力を持つ私には双眼鏡とか駆使せずともメンバーの姿を捉えることはできたのですが、何より高い。怖い。下見れない。
もう会場入って席見つけた時の最初の感情が怖い!!でしたからね。
まあライブ中はそんなことアドレナリンのおかげで気にならなくなってたのですが、MCとか始まるとうわあああああそうだ高かったんだったああああああああって焦る図を展開してました。
そんな思い出があります。笑

あと過去エントリー見直したら、私このブログで増田さん担当って言ってなかったんですね!笑
かれこれ6,7年一途に応援し続けている生粋の増田担がお送りしております。

まあそんな増田担がですね、声を大にして言いたい!!もう全増田担が思ったと言っても過言じゃないくらいですよねこれは。もうどうした増田?!とか言いたいレベルですよ。

増田さん色気だだ漏れ過ぎ問題。

これはほんとに!!!まあ薄々感づいてはいたけど!!!!
今回は特に…もう何…って会場で思うくらいだったんですけど、DVD見て、生で見るより何倍もエロく見えてしまってですね、ちょっと処理しきれないといいますか。
だってさ!!!たった6年前にさ!!!
「なんとかなーるさっ!」っつって歌のお兄さんみたいに数多のJr.の中で歌ってたのに今「れめっでぃーいえー」って言いながらあんなに腰振ってるなんて信じられない。時の流れ怖すぎ。誰か幻と言って。
あと今回の3着目の両サイドぱっかーんのあの衣装がめっちゃエロスを感じる。
今まで増田さんが服脱ぐ的なことほぼほぼ無かったじゃないですか。
それがさ、あんなに脇腹チラリズムされたらこちら的には見慣れてないのでもうパニックですよね。
しかも今まで隠されてきたものだから、余計にその隠されるもののエロス的なことがあって。
手越さんみたいにやたらめったら脱ぎたがらなくてもどかしい思いをしてたこの私の悶々とした気持ちはこのライブのためにあったのか!!と思うほどでした。(手越さんごめんなさい。笑)
ここまで変態目線でお送りしてきましたが、気分を害された方申し訳ないです。
こっから真面目に書きますよ!!

4人の挨拶を聞いて思ったのは、ここまで本当に大変だったんだなあ…という印象より、ここからどうするか、的な話の方が多かったんじゃないかな、と思います。
ここまでの話とか、2人が脱退した話とかは、去年のあの場所で一度区切りがついた気がしていて。
去年の秩父宮から、また4人のNEWSっていう新しい物語が始まっていたと思うんですよ。(シングル発売より私はあの秩父宮から新章としたい)
去年の秩父宮では、「やっと会えた」的な感情がファンもメンバーも強かったし、何より4人になってから初めてのファンとの対面の場所だったから、やっぱりそこでは2人のことは触れずにはいられなかったと思うし。
だからみんな言ってましたが「去年のライブを超えられるかどうか」っていうのがあったと思うんです。
でも、私的にあの復活の秩父宮は特例というか、あれを超えるライブっていうのはやれないんじゃなくて、やる必要がない気がするんですよね。
あんな感動的なライブはもう二度と無いし、あの状況でのライブはもう絶対にできない。
だからこそ、あのライブを経た「成長したNEWS」を見せる必要があった。
その中で選んだのが「NEWS MAKES YOU HAPPY!」というタイトル。
去年のライブでは「幸せ」という感情よりも「感動」とかそういった感情の方がお互いに強かった。
だから去年とは違ったNEWS、感動ではなく「幸せ」を届けよう!と考えて行ったライブ。
セトリからセットから何から「ファンを幸せにする」というコンセプトの下に行われたライブは、東京ドームという夢の舞台でも実行されることとなります。

「4人ではもう東京ドームには立てないのかなあって…」
増田さんの発したこの言葉は、正直私も薄々思っていたことです。
もう一度東京ドームに立つNEWSを見たい、と心の中で思っていたけど、きっと無理だろう、ツアーやってくれるだけでもありがたいと思わなきゃ!と心の中で勝手に納得させていた自分がいました。
増田さんがあれだけ言っていた東京ドームにもう一度立ってもらいたい、できればその場に一緒にいたい…!なんてことは密かに思っていたのですが、叶うなんて思ってなくて。
だから東京ドームが決まった時は、本当に嬉しかった。東京ドームが発表された時も運良くその場に居れたので、ほんとに絶叫したのを覚えています。

東京ドームに立つNEWSを見れて、本当に幸せでした。
何度も沈みかかった船だったけど、またここまで辿りつくことができた。
東京ドームで聞くチャンカパーナはまた一味違って、感動的でした。

でもNEWSは、もう先を見据えていました。
10周年は通過点。ここが終わりじゃない。
東京ドームや10周年が終着点じゃない。ここからまたNEWSは新たな歴史を刻んでいくんです。

「今までもこれからもいつまでも
隣にいてくれてありがとう」

今までもこれからもいつまでも
NEWSに幸せを届けてもらえることを期待したいと思います!

Disc3の特典についてもいろいろと思うことあるんですが、また機会があったら書きたいと思います。笑